お出かけ、グルメ

筑後川花火大会2023の日程・穴場スポット・臨時のシャトルバス

筑後川花火大会2023の日程・穴場スポット・臨時のシャトルバスについて書いていきます。

筑後川花火大会は全国あちこちで花火開催が発表されている中でも、注目されている花火大会のひとつですね。

今回は、筑後川花火大会2023(第364回)の日程・混雑予想・穴場スポット更に臨時シャトルバスなどまとめ花火大会を穴場スポットで良い花火鑑賞できるようなお知らせします。

筑後川花火大会日程と時間

2023年の筑後川花火大会の開催日程は2023年8月5日(土曜日)です。雨天時は8月7日(月曜日)9日(水曜日)11日(金曜日)の隔日順延の予定となっています。←中止

第364回 筑後川花火大会

このページをスマホで見る開催期間2023年8月27日(日)開催時間19:40~20:50

筑後川花火大会2023筑後川の花火大会 穴場スポット

6つの会場(筑後川沿い)

  • 京町会場(二千年橋~長門石橋の水天宮前左岸河川敷)
  • 長門石会場(長門石橋周辺の右岸河川敷)
  • みやき会場(豆津橋より上流側の右岸河川敷)
  • 篠山会場(長門石橋~豆津橋の久留米城前左岸河川敷)
  • 小森野会場(小森野橋~二千年橋の右岸河川敷)
  • 鳥栖会場(佐賀県鳥栖市、右岸の下野町運動広場)

花火の打ち上げ場所は、京町会場対岸と篠山会場の対岸となっています。

篠山会場では20時15分ごろから尺玉の打ち上げが開始される予定となっていて、筑後川の河川敷は広いので京町会場と篠山会場の徒歩移動もできます。

京町会場は尺玉に力をいれており、篠山会場は仕掛け花火に力をいれているので両会場のプログラムも見ものです。

筑後川花火大会2023観覧穴場スポット・見どころなど

筑後川花火大会
夜空が彩りました pic.twitter.com/XaMaiIoCX4

— ayata☻ (@s13s2v) August 7, 2022

いくつか観覧の穴場スポットをご紹介します。

豆津橋の周辺

まずは豆津橋の周辺です。打ち上げ会場である篠山会場と京橋会場の両方の打ち上げ花火を楽しめます。河川敷でゆっくりと花火を味わえる素敵な穴場スポットです。

久留米市役所前の広場

次に久留米駅からアクセスが可能な久留米市役所前の広場です。打ち上げ場所から距離が離れているので仕掛け花火は観ることができませんが、そのほかの花火は十分に観ることができるお得な穴場スポットです。

ゆめタウン久留米の屋上駐車場

また、ゆめタウン久留米の屋上駐車場も混雑を避けてゆっくりと花火を鑑賞したい人にはおすすめスポットです。花火会場からは離れている

筑後川花火大会2023臨時シャトルバス

ただ、交通量も多く、渋滞は必須なのでできれば車ではなく交通機関での来場をオススメします。場所によっては臨時のシャトルバスも運行されます。

   臨時シャトルバス↑ ↑コチラに貼り付けました

✰筑後川花火大会概要

画像:筑後川花火大会公式twitterより

九州最大河川である福岡県の筑後川の河川敷を会場とする筑後川花火大会は、毎年45万を超える観客が訪れる花火大会です。花火大会の当日は周辺道路が激しい渋滞となるので、公共交通機関の来場がよびかけられています。

毎年1万8000発のたくさんの花火が夜空を彩る筑後川花火大会ですが、その規模は西日本最大級といわれています。

筑後川花火大会の歴史

筑後川花火大会の前身といわれるものが「水天宮奉納花火大会」です。

1650年に久留米2代藩主である有馬忠頼公が水天宮社地に社殿を寄贈したときに、その完成祝賀に当たり花火を奉納したのが起源とされています。

それから戦争や混乱などにより計9回の中止を経ながら、1965年(昭和40年)に今の名称である「筑後川花火大会」に名前を変えて、2023年の今まで長く続く歴史ある花火大会となっています。

筑後川花火大会の混雑予想

2023年の筑後川の花火大会の混雑状況を予想してみたいと思います。筑後川の花火大会は九州でも1,2位を争う大人気の花火大会です。

花火大会当日は交通規制もあるので行きは時間を考え、帰りは確実にみんなが一斉に帰り始めるので、すごい混雑予想になります。。

事前にレストランや宿泊などの予約しておいて、準備をしておくのも混雑回避の方法ではないでしょうか?また、事前に予約できるタクシーなど利用するのもいいかもしれません。

筑後川花火大会交通規制

画像:久留米市HPより

花火大会当日は広いエリアでも交通規制が予定されています。

  1. JR久留米駅から打ち上げ会場である京町会場・篠山会場までは18時00分から22時30分まで車両通行禁止となっています。
  2. 長門石橋南歩道でも同じく18時00分から22時30分まで通行止め。
  3. 小森野橋も同時間帯通行止めになるため、この時間帯に筑後川を渡るためには二千年橋まで迂回しなければなりません。
  4. また、小森野橋に続く17号線も会場付近は歩行者専用道路となるので車両は通行止めとなります。

花火大会当日は大規模な交通規制と渋滞が予想されますので、余裕をもって行動されることをおすすめします。

筑後川花火大会穴場の駐車場は?

大会当日は大混雑が予想されるため、会場周辺に車で出入りするのは困難だと思われます。それでも車で来場したい方におすすめの駐車場をご紹介します。

  • 鳥栖駅市営駐車場(有料)
  • 鳥栖駅南口立体駐車場(有料)
  • 鳥栖スタジアム臨時駐車場(無料)など
  • 鳥栖駅までいくと大規模駐車場がいくつかあります。

JR鳥栖駅は、観覧会場の1つである「鳥栖会場」最寄りのJR肥前旭駅まで1駅電車に乗らなければいけませんし、JR肥前旭駅から鳥栖会場までも徒歩で30分の距離がありますが、少し離れるだけで駐車可能台数が多いのでどうしても車で行きたい方は選択肢にいれてもいいのではないかと思います。

感想・まとめ

九州が誇る歴史ある筑後川花火大会。

打ち上げ会場が2つ、観覧会場も6つもある大規模な花火大会なので会場から離れた場所から観ることもでき、いろんな楽しみ方ができる花火大会だと思います。。

毎年違う会場に赴き、いろいろな角度から筑後川花火大会を楽しむのもこの花火大会ならではの贅沢な鑑賞の仕方ではないかと思いました。

熊野花火大会2023の魅力 チケット 日程は? 有料浜席など徹底調査 一生に一度は見たい熊野大花火大会2023東海  熊野灘に広がる美しい七里御浜や国の名勝に指定されている鬼ヶ城を舞台に繰り広...