雑学

和銅鉱泉/和どう【秩父】露天風呂付客室もあり!!日帰り温泉も最高!三峰神社のパワーもあり♡

もうすぐ全国旅行割(全国旅行支援)が始まりますね!!



各旅行会社もシステム変更に大忙しで対応してくれようとしています。

そんな中、色々リサーチしている方も多いと思います。

 

パワースポットでパワーを持つ埼玉県秩父市にある三峰神社近隣の和銅温泉を

ご紹介したいと思います(^^)/

和銅鉱泉/ゆの宿 和どう【秩父】

埼玉県秩父市と長瀞の中間に位置していて、日本最古の通貨和同開珎の発症ともいわれています。また、近隣に和銅遺跡もあります!

湯殿には、和銅鉱泉薬師の湯があふれでています。薬師の湯と言われた由来としては、この鉱泉を目薬や切り傷にしたという特効したという伝授からきています。

ゆの宿 和どう 露天風呂付客室

和銅鉱泉 ゆの宿 和どうHPより和銅鉱泉 和どうHP

露天風呂付客室14室、通常客室も19室あります。ちょっと訳アリなお部屋も5室。どの部屋も和銅鉱泉使用の大浴場利用可(^_-)-☆


ゆの宿 和どう 日帰り温泉

  • ≪日帰りで楽しむ和銅鉱泉≫全6品程度のちょこっとランチ付き☆日帰り温泉休憩プラン☆

楽天トラベルのプラン

【期間】2012年09月11日〜2023年03月31日

■ 日帰りプラン内容 ■
日帰りプランでは、お部屋利用と入浴、ご昼食、
浴衣・バスタオル・フェイスタオル等がセットとなります。
部屋食付き

  • 2名利用時 4,500円/人 (消費税込4,950円/人)
  • 3名利用時 4,000円/人 (消費税込4,400円/人)
  • 4名利用時 3,500円/人 (消費税込3,850円/人)
  • 5名以上 3,500円/人 (消費税込3,850円/人)

 

ホテル直通常のプラン

入浴料 1000円(タオル付)

食事は、つきません((+_+))

鉱泉の特徴と温泉の違い

みなさん、温泉と鉱泉の違いをご存じでしょうか?違いを簡単にわかりやすく書いてみたいと思います!!

温泉と鉱泉の違い

環境超が定めた定義【鉱泉分析法指針】

・温泉⇒25℃以上または成分が基準量以上の湧き水・ガスを含むものをいう。

・鉱泉⇒25℃以上または成分が基準量以上の湧き水をいう。

つまり、鉱泉は貴重であり温泉よりも狭い定義になっています!!

お湯が柔らかくて、なめらかな感じで泉質まかなり上等です。また、ガスを含んでいない鉱泉は飲泉にも適しているといわれています。

和銅鉱泉/ゆの宿 和どう【秩父】アクセス

車の方

都心からわずか2時間。

季節にあわせた自然が堪能できる旅館になっています。

春・・新緑 お花畑

夏・・清流 かき氷 長瀞ライン下り

秋・・紅葉

冬・・雪景色 三十槌の氷柱(三峰神社がある三峰山のふもと)

秩父夜祭り

無料駐車場完備(50台)

電車の方

最寄り駅秩父線「和銅黒谷駅」までは、1名様よりご送迎可能です。

和銅鉱泉近隣/おすすめスポット

聖神社

銭神様が祀られている神社です。パワースポットとして注目されています。

三峰神社/おススメスポット

パワースポットとして、注目されています。本殿の彫り物は2004年に修復されて鮮やかな色彩が復元されております。本殿下にあるご神木からパワーをわけていただきましょうね!!

三峯神社
住所 埼玉県秩父市三峰298-1
Googleマップで見る
電話 0494-55-0241
0494-55-0834(駐車場直通)
アクセス ・秩父鉄道の三峰口駅からバスで約50分
・西武秩父駅から車またはバスで約1時間10分
駐車場の利用可能時間 24時間利用可能
※以前は8時~18時でしたが現在は365日24時間利用可能です。
公式サイト 三峯神社公式サイト
まとめ

10月11日から12月中旬までの全国旅行割を利用して、鉱泉の良さも体感していただけたら、いいかなと思います(^^♪